うつ病の症状は年齢に関係なく発症します|治療には周囲の強力が必要

女医

特徴を知って対処

カウンセリング治療

特徴を詳しく知る

うつ病は年々増加傾向にある病気であると言われています。精神病ははっきりと原因が分かりにくく、一般的な人から見ると変わっている人だと感じられる特徴も多くあります。例えばパニック障害の場合には、満員電車などの急激な環境変化により、ふさぎ込んでしまったり大きな声を出したりしてしまう場合があります。一般的には気がつかないような些細な点において傷付いたり、ネガティブに情報を捉えてしまう事によって起こる場合もあります。人間の内面的な要素でもあるため改善が難しく、また精神病を患っている人の生活環境によっても状況が変化すると言われています。目に見えない病気である事や環境変化、また患者さんの性格によっても刻々と状況が変化するため非常に分かりづらい病気なのです。しかし近年ではDSM-IVと呼ばれている精神病のチェック項目がアメリカ精神医学会において制定され、以前と比較をすると個人でもわかりやすく精神病やうつ病などをチェックできるようになりました。ただ、あくまで精神面でのみのテスト項目である事や、個人によって項目に対する解釈が違う可能性もあるためうつ病のチェックを行う場合には参考程度に各項目をテストしてみましょう。DSM-IVのチェック項目は精神病やうつ病関連のサイトで確認する事が出来ます。うつ病は精神面だけの症状の病気ではなく、身体的に目に見える症状が現れる場合もある病気です。病気の原因となっている精神面での負担は目で視覚的に見ることはできませんが、しかし身体的な特徴は目に見える特徴として現れます。病気による身体的な症状の特徴としては消化器系の不具合や、便秘、睡眠時間が長すぎるといったものまであります。

治療方法と改善

DSM-IVによってうつ病のチェック項目に多く当てはまっている場合には、精神科の医師に相談してみましょう。精神科では更に詳細なチェック項目において確認する事が出来るため、より病気に関する詳しい診察を行う事が可能です。医師からの治療を受けながらも可能な事ですが、精神病は自分自身において病気の特徴や原因、対処方法や改善方法について調べる事も大切です。その場合にはあまり一人で深刻に悩まず、できるだけ家族や信頼できる人との関係を大切にしながら相談を行うようにしましょう。目に見えない病気のため、真面目に考えすぎてしまったり、細かく原因や対処法について深入りしすぎてしまうとかえって病気になってしまったり、改善のための努力も無駄に終わってしまうというトラブルに繋がる事も考えられます。できるだけ一人で悩まず、周囲との関係において味方になってくれる人を大切に相談をすることが重要です。複雑な話題でもあるため、一般的な友人との会話では敬遠されてしまう話題かもしれませんが、信頼できる人との会話であれば理解してくれる人も必ずいます。人間関係を改善する事で精神病が改善できる場合も少なくなく、人間不信や対人関係でのトラブルも精神病の原因となりやすい要因の一つであるとされています。そのため日常からできるだけ家族との連携を強めておき、万が一仕事などにおいてトラブルが発生してしたとしても、冷静に対処できるようになることも精神病予防のためには非常に有効的な方法だと言えます。精神科においてうつ病の症状であると診断された場合には、治療方法は大きく分けて二種類の治療方法があるとされています。メンタル面での治療を行う対人療法、そして薬を活用した治療を行う薬物療法との二つです。治療期間としては中長期的な治療が行われる場合もあれば、比較的短期間で完治できる場合もあります。